ベビー服の長肌着やコンビ肌着とは

多くのベビー服の中でも生まれたばかりの赤ちゃんに一番最初に着せるベビー服が肌着です。そして、ベビー服の肌着だけでも短肌着、長肌着、コンビ肌着などの多くの種類があります。中でも長肌着とは、短肌着と同じく生後0か月から3か月くらいまでに着用するもので、短肌着の上に重ねて使う肌着です。短肌着が腰丈になっているのに対して、長肌着は足まで包み込むようなゆったりとした長めの丈になっています。

そして、短肌着と同じように寝たままでも着替えなどに邪魔のならない、赤ちゃんが動いてもほどけないような位置に紐が付いています。そして、生後から1か月はまだ動きがおとなしいため、丈が長くてもスカート状なのでめくるだけでおむつ替えなどが簡単にできるような仕組みになっています。一方、コンビ肌着は0か月から6か月くらいまでに着用するもので、長肌着の丈で裾が二つに分かれているものです。そして、股の部分はスナップで止められるようになっているので、足を動かすようになったり、動けるようになった時期もはだけないようになっています。一般的には短肌着と長肌着の組み合わせて使うことが多いですが、赤ちゃんの生まれた季節によっては、長肌着の代わりにコンビ肌着を使う場合もあります。