服を製造するにあたって思うことは

昔から多くの人たちが自分の着る服を製造してきたということがあったと思いますけど、いつしかそれを専門に行う人がそれを仕事として行うようになり、その人のセンスがみんなの着る服を作るということになったというふうにいわれています。
現在は工場で大量生産された衣類を私たちが着るという状態になっているのですけど、これはきちんと製品として成り立っている役立つグッズとして生活の中に取り入れられているのです。
最近は自分でオリジナルの服の製造をするという機会があるというふうにいわれていまして、特にデザインに関してはかなり自由度が高くなったというふうにいわれています。
縫い方などについてもこだわる人はこだわるというふうにいわれていますし、実際に自分の作った服を着て歩いている人はけっこう見るのです。
こういったものを作るに当たって思うことは、私たち自身の個性とかオリジナリティ、メッセージ性といったものをそこにあらわすことができるということでして、こういったものを作る理由になるのです。