八尾のフルリフォームの費用の目安

八尾でフルリフォームにかかる費用は住宅の規模や施工の内容により、大きく異なります。戸建てではおおよそ500万円から、1000万円以上かける家庭も珍しくありません。場合によっては2,000万円以上かかるケースもあります。
当然のことながら、築年数が古いほど費用がかさむ傾向にあります。築20年の住宅では、すでに水まわりの設備に老朽化があらわれます。お風呂やトイレを中心に、クロスの張替えや外壁の塗装などフルリフォームを考える人が多く、500万円前後かける家庭が多いです。
築30年、40年経っている住宅では、老朽化により漏水リスクが高まっている排水管の工事や、耐震補強工事が必要なケースが少なくありません。内外部スケルトンリフォームを行い、1,000万円から1,500万円くらいの費用をかける家庭が増える傾向があります。

特に費用がかかりがちなケースとは

八尾市でも行われている建て替えと比較すれば、圧倒的に費用が安く済むことの多いフルリフォームですが、費用が高額になるケースもいくつかあります。例えば建物の構造補強が必要な場合もそうです。建て替えかリフォームかの判断は、築年数ではなく建物の傷み具合で判断した方が良いでしょう。地盤が弱く家が傾いている、基礎部分にヒビやゆがみがあるといったように建物の痛みが激しい場合は、建て替えをした方が安く済む可能性があるだけでなく、その後も長く安心して住めます。実はシロアリの被害を受けていたことが後から判明した場合、費用が予定していたより高額になることもあります。

費用を抑えたいなら

水まわりや電気設備の移動を伴う工事は、高額になりがちです。窓や階段の移動も同様です。今あるものを活かせないか、家族や相談スタッフとよく話し合ってみましょう。
フルリフォームでは不動産取得税、固定資産税などの税金が軽減される制度があります。税の軽減制度は建て替えにはないリフォームのメリットですので、大いに活用しましょう。例えば省エネリフォームを行った場合、工事費の10パーセントがその年の所得税額から控除されます。ただし、省エネのための費用が50万円を超えていること、住宅の床面積が工事後に50平方メートル以上あり、床面積の2分の1以上の部分が自己の居住空間であることなど、控除の適用には要件があります。省エネリフォーム減税の適用期限は平成33年12月31日までで、工事完了後3ヶ月以内に市役所に書類申請をします。

ピックアップ記事

八尾のフルリフォームにかかる期間

八尾で戸建て住宅をフルリフォームする場合、工事にかかる期間は延べ床面積が100平方メートル以内の住宅の場合1か月から3か月程度のケースが多いでしょう。床面積が広く、階層が多い住宅の大規模なスケルトンリ...

実例を参考にした方が良い八尾のフルリフォームで

フルリフォームを行う際、どのような生活空間が理想的なのか分からないことから、完成イメージがわきにくいという人も多いのではないでしょうか。予算や建物の構造などによって多少の制限はあるかもしれませんが、完...

八尾のフルリフォームの費用の目安

八尾でフルリフォームにかかる費用は住宅の規模や施工の内容により、大きく異なります。戸建てではおおよそ500万円から、1000万円以上かける家庭も珍しくありません。場合によっては2,000万円以上かかる...

八尾でフルリフォームの相談をするなら

フルリフォームの相談をするときには、リフォームを専門的に取り扱う業者を選ぶ人が多い傾向にあります。フルリフォームは大規模かつ全般的な工事になりますので、専門性をもって施工にあたってくれるリフォーム業者...